胃カメラ検査

こんな症状はありませんか?

消化器病専門医が的確に検査します

次のような症状がある時には、お気軽に羽曳野市恵我之荘のふじもと医院までご連絡ください。日本消化器病学会認定の消化器病専門医である院長が、専門性の高い胃カメラ検査をご提供します。

・みぞおちに痛みがある

・食後、胃もたれがある

・食後、吐き気がある

・胃の調子が悪い

・胸痛や胸焼けがある

・よくげっぷが出る

・よく便秘になる

・動悸・息切れがある

・飲み込む時につかえ感がある

・酸っぱい液体が口まで上がってくる

・健康診断で異常を指摘された

・健康診断でヘリコバクター・ピロリ菌の感染を指摘された

・胃がんの家族歴がある

など

胃カメラ検査で発見できる主な疾患

・胃がん

・胃ポリープ

・胃潰瘍

・胃炎

・ピロリ菌感染症

・十二指腸潰瘍

・十二指腸ポリープ

・食道がん

・逆流性食道炎

・喉頭癌

・咽頭癌

など

   40歳を過ぎたら定期的に胃カメラ検査を受けましょう

胃カメラ検査とは?

胃カメラ検査とは

胃カメラ検査とは、口または鼻から内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸を詳しく観察して、がんや潰瘍、ポリープなどがないか調べる検査です。胃炎の程度もわかり、必要に応じてヘリコバクター・ピロリ菌の感染の有無も検査できます。

当院では細径(直径約4mm)のファイバーを採用しており、口からでも鼻からでも検査可能です。以前、経口で検査して、吐き気などがあってつらかった方などには、嘔吐反射の比較的少ない経鼻での検査をおすすめします。また、NBI(狭帯域光観察)を搭載した最新型の内視鏡を採用しているので、小さな病変も見逃さずに詳細に観察することができます。

胃がんの早期発見に有効です

胃カメラ検査とは

胃カメラ検査では、体内の状態を直接観察することができるため、外部から食道、胃、十二指腸などの内臓を観察するバリウム検査と比べて、初期の胃がんなど、小さな病変も早期に発見することが可能です。

胃がんは早期に発見すれば、高い確率で治せる病気です。早期発見・早期治療をはかるためにも、40歳を過ぎたら、定期的に胃カメラ検査を受けるようにしましょう。

当院の胃カメラ検査の特徴

消化器病専門医が検査を実施

日本消化器病学会認定の消化器病専門医である院長が、胃カメラ検査を実施します。豊富な知識・経験、高い観察技術を持っていますので、遠方まで足を運ばなくても、生活圏内で専門性の高い検査を受けていただくことができます。

負担の少ない経鼻内視鏡検査

当院では、口から内視鏡を挿入して検査を行う「経口内視鏡検査」だけでなく、鼻から挿入するので、嘔吐反射などがほとんど起こらず、少ない負担で受けていただける「経鼻内視鏡検査」も行っています。「胃カメラ検査が苦手」「以前、検査を受けたが、吐き気がしてつらかった」という方でも、安心して受けられます。

NBI(狭帯域光観察)を搭載した最新型の内視鏡を採用

当院では、NBI(狭帯域光観察)を搭載したオリンパス社製の最新型内視鏡システムを導入しています。小さな病変も見逃さずに観察できるので、胃がんの早期発見・早期治療をはかることが可能です。

電話予約だけで当日に検査を受けることが可能

当院では、電話予約だけで胃カメラ検査を受けていただくことが可能です。お気軽にご連絡ください。

鼻から内視鏡を挿入する「経鼻内視鏡検査」

「胃カメラ検査はもうこりごり」という方におすすめです

以前、口から内視鏡を挿入する検査を受けられた方の中には、「吐き気がつらかった」という方もおられるはず。検査のつらさがトラウマとなって、「胃カメラ検査はもうこりごり」という方もおられることでしょう。そうした方におすすめなのが、鼻から内視鏡を挿入する「経鼻内視鏡検査」です。

胃カメラ検査は、鼻から内視鏡を挿入することもできます。鼻から挿入することで、舌根(舌の付け根)を刺激しないので、つらい吐き気を生じさせることはありません。胃カメラ検査が苦手な方も、「おえっ」という嘔吐反射をほとんど起こすことなく、安心して検査を受けていただくことができます。

経鼻内視鏡検査のメリット

ほとんど苦痛がない

当院では、細径(直径約4mm)のファイバーを採用していて、鼻にスムーズに挿入することができるので、ほとんど苦痛を味わうことなく、検査を受けることができます。検査当日からお仕事に行くなど、日常生活を送っていただけます。

静脈内鎮静法などの強い麻酔の必要がない

経鼻内視鏡検査では、ほとんど苦痛が生じないので、静脈内鎮静法などの強い麻酔を使用する必要はありません。麻酔の使用が心配な方も、安心して受けられますし、お車でご来院・ご帰宅していただけます。

嘔吐反射がほとんど起こらない

鼻から内視鏡を挿入することで、舌根(舌の付け根)を刺激しないので、嘔吐反射はほとんど起こりません。お煙草を吸われる方などは、口から挿入すると嘔吐反射が起こりやすいのですが、そうした方でも少ない負担で受けていただけます。

検査中に医師と会話できます

鼻から内視鏡を挿入しますので、検査中も医師と会話することができます。何か異変が起きた時でも、すぐに伝えられるので安心です。

胃カメラ検査の流れ

 1.ご予約

当院では、電話予約だけで胃カメラ検査を受けていただくことが可能です。お気軽にご連絡ください。

 2.ご来院

ご来院いただきましたら、現在服用中のお薬や、お体の状態などを確認します。なお、検査を受けられる当日の朝食は、絶食でお願いします。

 

3.前処置

検査の前に、消泡剤(胃の中の泡を取るお薬)を服用していただいて、胃の中を観察しやすくします。その後、喉に(経鼻内視鏡検査の場合は、鼻腔にも)局所麻酔のゼリーを流し、痛みを抑えて、内視鏡の通りをよくします。

4.観察

口または鼻から内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸を詳しく観察します。観察時間は5~7分程度です。

5.検査終了

検査が終わりましたら、1時間程度、お体を休めていただきます。その後、検査結果をわかりやすくご説明します。

検査後の注意事項

・喉に麻酔をかけますので、麻酔が切れてから飲水・飲食するようにしてください

・経鼻内視鏡検査を受けられた方は、鼻出血が起こる場合がありますので、鼻を強くかまないようにしてください

・検査当日からお仕事に行くなど、日常生活を送っていただくことができます

・静脈内鎮静法などの強い麻酔は使用しませんので、お車でのご来院・ご帰宅が可能です

top

ウェブ予約

0729315611