外科

切り傷や火傷などの外傷を負った時は当院へご連絡ください

一般的な外科処置に対応しています

羽曳野市恵我之荘のふじもと医院では、一般的な外科処置に対応しています。当院の外科で扱う主な治療は、次の通りです。粉瘤(アテローム)の摘出手術や、各種皮膚疾患にも対応していますので、お困りの方はお気軽にご相談ください。

・擦り傷

・切り傷

・火傷

・手術後のケア

・皮下腫瘤の切除

・粉瘤(アテローム)の摘出

・処置後のガーゼ交換

・捻挫

・骨折(初期対応)

・巻き爪、陥入爪

・皮膚のかゆみ

・蕁麻疹

・湿疹

など

怪我を負った時はお早めにご来院ください

切り傷から皮下腫瘍の切除などの外科処置を行っています

いぼ痔とは

当院では、切り傷や火傷などの外傷の治療のほか、粉瘤(アテローム)の摘出手術などに対応しています。怪我を負った時、時間が経過すると感染症にかかる恐れがありますので、できるだけお早めに当院へご来院ください。手術後のケアも行っていますので、「術後のケアは、自宅の近くで受けたい」という方は、お気軽にご相談ください。

 

日本外科学会認定の外科専門医が治療します

いぼ痔とは

当院の院長は、日本外科学会認定の外科専門医です。豊富な知識・経験をもとに、皆様に安心・安全な治療をご提供します。当院で対応が難しい場合には、適切な専門機関をご紹介します。

粉瘤(アテローム)の摘出手術

粉瘤(アテローム)とは?

粉瘤(アテローム)は、良性の皮下腫瘍の1つで、垢などの老廃物が皮膚の内側に溜まることでできます。皮膚の様々な部分でできますが、一般的に多いのは顔面や体幹などです。ドーム状に膨らみ、中心部に窪みがあることが多く、そこから発酵したような臭いが発生する場合もあります。

粉瘤(アテローム)の治療

粉瘤(アテローム)は良性の皮下腫瘍ですので、必ず治療しなければいけないものではありません。しかし、自然に消えてなくなることはありませんし、放っておくと大きくなって、炎症を起こすケースもあります。この場合、治療に時間がかかり、傷跡も残りやすくなりますので、お早めに治療を受けられることをおすすめします。

粉瘤(アテローム)を根本的に治療するためには、外科処置により、嚢腫(粉瘤の袋)をすべて摘出する必要があります。

粉瘤(アテローム)の摘出手術

手術は日帰りで受けられます

粉瘤(アテローム)は、日帰りで受けられます。手術時間は30分から1時間程度で、局所麻酔を実施しますので、痛みはほとんどありません。また、手術を行う部位によっては、ほとんど出血もありません。

 保険適用で受けられます

粉瘤(アテローム)の摘出手術は、術前の診察、検査、手術、術後の診察も含めて、すべて保険適用で受けられます。通常、手術当日から入浴が可能ですし、抜糸まで通院の必要もありません。少ない負担で受けられる手術ですので、お困りの方はお気軽にご相談ください。

top

ウェブ予約

0729315611